写真俳句

手の届く身近な風景を徒然なるままにスケッチした
見る俳句です
。新しいジャンルでまだ道半ばですが

未知なる可能性に向かって旅の途中にあります。