目次へ   図書管理  P.10

「貸出一覧」への書出し設定の変更

「貸出一覧」ファイルに項目を追加する
「書出ID」項目を設定したので、今までの書出し設定を直すことにします。

「貸出一覧」ファイルを開きます。
今まで書き込んだサンプルデータを一括削除します。メニュー〈一括〉→〈削除〉を使うと楽です。
くれぐれも、間違って「図書貸出」ファイルを開いてこれを行わないでください。
(もっともこちらもサンプルデータでしたら被害はありませんが)

「貸出一覧」ファイルに「書出ID」項目を追加します。
〈複数行〉に○印がついていたらとってください(スペースキーを押すと×になります)。


追加した「書出ID」項目にインデックスを設定します。
 メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈インデックス〉


次に、〈仕様〉タブをクリックして〈重複禁止〉に○印を入れます。『重要』
この設定をしないと「図書貸出」ファイルからデータを書き出す場合、同じデータが繰り返し書き出されてしまいます。

「図書貸出」ファイルの書出設定変更
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈ファイル〉→〈書き出し〉→〈データベース追加〉をクリックします。
〈手順書〉ボタンをクリックして、「貸出一覧に追加」を選択し、〈読み込み〉ボタンをクリックします。
(手順書に登録してなくても画面には前回設定した内容が表示されていると思いますが)


このままでは、「生徒番号」を識別IDとしていますから「書出ID」に変更します。
〈分割枚数〉欄の「1.生徒番号」を選んで(これしかないのですでに選択状態)、
〈削除〉ボタンをクリックします。〈書出内容〉も全部キャンセルされます。 


〈記入項目〉から「書出ID」を選び、
〈書出項目〉からも「書出ID」を選びます。
〈割り当て〉ボタンをクリックすると、〈書出内容〉と〈分割枚数〉欄に「書出ID」が入力されます。


〈書出内容〉をさらに追加して行きます。
まず、〈書出内容〉欄のカーソルが(新規)にあることを確認して
(そうなっていない場合は新規をクリックします)
〈記入項目〉から「書籍コード」を、〈書出項目〉からも「書籍コード」を選び〈割り当て〉ボタンをクリックします。
※「NO」項目は〈書出内容〉に設定しません。


〈書出内容〉に以下のすべての項目を設定します。
「書籍コード」、「書名」、「著者名」、「発行所」、「ジャンル」、「貸出期間」、「生徒番号」、「クラス」、「借りた人」、「貸出日」、「返却日」
※「書出ID」については最初に設定してあるので必要ありません。

ここで重要なことは、〈重複処理モード〉〈上書き〉とすることです。
(すでにそうなっている場合はそのままに)
〈読み飛ばし〉を選ぶと「図書貸出」の表組項目を修正した場合、その修正が「貸出一覧」に反映されません。修正された表組項目が読み飛ばされてしまうからです。
〈上書き〉モードに設定することによってすべての表組データを上書し「図書貸出」の修正された表組項目データも更新されることになります。

しかし、これでもまだ問題が残ります。
削除されて表組行が減ってしまった場合、同じ表組の最終行(表組行が一行削除された場合。2行削除された場合は最終行とその前の行の2行)がそのまま「貸出一覧」に残ることになります。
この問題はあとで考えることにします。

ここまでできましたら〈手順書〉ボタンをクリックして同名の手順書名「貸出一覧に追加」で登録します。〈置き換えますか〉と質問してきますから〈はい〉をを選びます。これで出来あがりです。