目次へ   図書管理  P.2

「図書原簿」ファイルの作成

TheCARDを起動します。
〈新規作成〉ボタンをクリックします。
〈データベースファイル〉のラジオボタンをオンにします。
〈次へ〉ボタンをクリックします。


〈項目の属性を詳細に設定する〉のラジオボタンをオンにします。
〈次へ〉ボタンをクリックします。


続いて表示される〈フォームテーマ選択〉と〈一覧表テーマ選択〉はそのまま〈次へ〉ボタンで送ります。

ここで〈保存する場所〉を先に作成した「図書管理」フォルダーにします。
〈ファイル名〉として 図書原簿 と入力します。
〈保存〉ボタンをクリックします。


項目設定ウィンドウが開きます。以下のように設定します。
項目名を入力するだけで項目の属性については自動的に入力されるものをそのまま使います。


ただし、項目「No.」については〈項目値〉タブをクリックして以下のように設定します。○印以外は自動で設定されます。
「登録番号」についても〈空値禁止〉を設定します。
(この部分は当初の説明になかったものです。追加しました)

インデックス設定
(補足的に説明していたものをここにまとめました。「登録番号」の〈重複禁止〉設定は追加しました)
メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈インデックス〉
インデックスをつけたほうが便利と思われる項目に設定を付けます。
「著者名1〜3」は同じ項目としてインデックスをつけると「著者名」として
1〜3を区別なく検索してくれます。
〈仕様〉タブをクリックして「登録番号」に〈重複禁止〉を設定します。

入力のためには一覧表形式の方が便利
「図書原簿」への入力はカード形式より表形式(一覧表形式)のほうが入力しやすいかもしれません。
なぜなら、以前入力したデータが上のほうに表示されているのでこれを参考にしながら新規入力が出来ます。
「生徒名簿」についても同じことが言えます。「生徒名簿」についても以下の設定を同様に行なうことが出来ます。

1.一覧表形式をデフォルトに設定します。(ATCで開く場合はデフォルトの
 必要はありません。フォームを指定できますから)
 メニュー〈デザイン〉→〈フォーム〉
 〈フォーム名〉から〈一覧表〉を選びます。
 〈デフォルト〉ボタンをクリックします。
 
 これで、「図書原簿」を開くと最初に一覧表で開くようになります。

2.コントロールの境界線をドラッグして各項目の幅を調整します。
 調整が終わったらウィンドウの右上の×をクリックしてウィンドウを閉じます。

 「変更を保存しますか?」と聞いてきますから〈はい〉をクリックします。
 
「図書原簿」の便利な設定
1.「図書原簿」を開きます。

2.メニュー〈デザイン〉→〈入力順序の変更〉
 キーを押す回数を減らし直接入力個所にカーソルが動くように入力順序を設定。
 ついでにIMEのON、OFFの設定、起動する入力データの選択表(参照、セレクト)の設定をします。
 〈参照〉はその項目がインデックス設定してある必要があります。
 〈セレクト〉をここで設定しても各項目で実際設定する必要があります。(設定しないのであればはずしてください)
 

 「No.」はもちろん、「受入年月日」「登録番号」なども自動入力にしておくといいかもしれません。
 「受入年月日」が入力年月日でいいのであればここも計算式で入力日自動入力できます。(後述します)
 (時々違う場合はカーソルを戻して修正することになります)
 「登録番号」については、図書館ごとの約束事があることでしょうから自動化できないかもしれません。
 できるのであれば「DB設計」→「項目」で連番を設定を設定します。
 「副番号」は入力順のカーソル移動からはずしておくほうがいいかもしれません。
 (頻繁に入力があるときはカーソルが止まるようにしたほうがいいですが)
 「ふりがな」は「書名」の入力のとき読みのまま入力すれば、ここもカーソルを飛ばして、
 読みに違いがあれば戻って修正するという手順でどうでしょう。
 例えば以下のようにも出来ます。
 

3.「書名」の「ふりがな」設定については以下のとおりです。
 項目内で右クリックします。(カードフォームの場合はレイアウトモードで右クリック)
 〈一般〉タブから〈項目〉として「書名」を選びます。
 〈フリガナの入力先〉として「ふりがな」を選びます。
 

 もし、「ふりがな」はカタカナでなく、ひらがなにする場合は以下の計算式。
 

4.セレクト項目の〈選択肢以外のデータ入力の許可〉設定
 ジャンル分けをしていると、新たにジャンルを設ける必要に迫られるかもしれません。
 そんなときにいちいち設定を変更しなくても入力できるようになっているほうが
 便利という場合は。
 メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈セレクト〉で
 〈選択肢以外のデータの入力を許可〉にチェックを入れます。