目次へ   図書管理  P.3

「生徒名簿」ファイルの作成


〈新規作成〉ボタンをクリックします。
〈データベースファイル〉のラジオボタンをオンにします。
〈次へ〉ボタンをクリックします。


〈項目の属性を詳細に設定する〉のラジオボタンをオンにします。
〈次へ〉ボタンをクリックします。


続いて表示される〈フォームテーマ選択〉と〈一覧表テーマ選択〉はそのまま〈次へ〉ボタンで送ります。

ここで〈保存する場所〉を先に作成した「図書管理」フォルダーにします。
〈ファイル名〉として 生徒名簿 と入力します。
〈保存〉ボタンをクリックします。


項目設定ウィンドウが開きます。以下のように設定します。
項目名を入力するだけで項目の属性については自動的に入力されるものをそのまま使います。


ただし、項目「No.」については〈項目値〉タブをクリックして以下のように設定します。○印以外は自動で設定されます。

インデックスの設定
はじめに項目「No.」でインデックスが設定されていますが、〈削除〉ボタンでこれを削除します。
そして以下のようにインデックスを設定します。

ふりがなの自動入力

「生徒名簿」で、ふりがなの自動入力について考えて見ましょう。
一覧表示にして「生徒氏名」のフィールドで右クリックします。
そしてプロパティを選びます。


以下のようなダイアログが開きます。
ここは「IME制御」をONにしましょう。
そして「フリガナの入力先」を「ふりがな」項目に指定します。


これで、「生徒氏名」を入力すると自動的にふりがなが「ふりがな」項目に入力されます。
しかし、半角カタカナが規定値となっています。
もし、全角ひらがなに統一したいとすれば
メニュー「デザイン」→「DB設計」→「計算式」に以下のように式を設定します。

もし半角カタカナでよろしければ計算式を入れず、そのままにします。

ふりがなが違っていたら直す事も出来ます。
以上のことは「「図書原簿」の書名の「ふりがな」についても応用できますね。

入力のためには一覧表形式の方が便利
「図書原簿」の時と同様、入力はカード形式より表形式(一覧表形式)のほうが入力しやすいかもしれません。なぜなら、以前入力したデータが上のほうに表示されているのでこれを参考にしながら新規入力が出来ます。「生徒名簿」についても初期値を〈一覧表〉に設定することが出来ます。

1.一覧表形式をデフォルトに設定します。(ATCで開く場合はデフォルトの
 必要はありません。フォームを指定できますから)
 メニュー〈デザイン〉→〈フォーム〉
 〈フォーム名〉から〈一覧表〉を選びます。
 〈デフォルト〉ボタンをクリックします。
 
 これで、「生徒名簿」を開くと最初に一覧表で開くようになります。

2.一覧表のコントロール境界線をドラッグして各項目の幅を調整します。
 調整が終わったらウィンドウの右上の×をクリックしてウィンドウを閉じます。
 ※参照図は「図書原簿」のページを参照してください。
 「変更を保存しますか?」と聞いてきますから〈はい〉をクリックします。
 
入力順の変更設定
1.「生徒名簿」を開きます。

2.メニュー〈デザイン〉→〈入力順序の変更〉
 キーを押す回数を減らし直接入力個所にカーソルが動くように入力順序を設定。
 ついでにIMEのON、OFFの設定、起動する入力データの選択表(参照、セレクト)の設定をします。
 〈参照〉はその項目がインデックス設定してある必要があります。(ここでは設定していません)
 〈セレクト〉のあるところは設定します。(設定してなくてもここで選ぶことができますが)
 ※〈セレクト〉の設定についてはP.5を参照。
 
 「No.」は自動入力ですので〈入力順〉のチェックをはずします。
 「ふりがな」は「生徒氏名」の入力のとき自動的に入力されます。のでチェックをはずします。
 読みに違いがあれば戻って修正するということになります。

3.「生徒氏名」の「ふりがな」設定については以下のとおりです。
 〈一覧表〉の「生徒氏名」の項目内で右クリックします。
 
 〈一般〉タブから〈項目〉として「生徒氏名」を選びます。(すでに選ばれているでしょう)
 〈フリガナの入力先〉として「ふりがな」を選びます。
 〈OK〉ボタンをクリックします。
 

 もし、「ふりがな」はカタカナでなく、ひらがなにする場合は以下の計算式です。
 メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈計算式〉