目次へ   図書管理  P.38

マーク検索で貸出・返却業務

マーク検索用「貸出」ボタンのコマンド設定


「生徒名簿」に手順書追加
「生徒名簿」ファイルを開きます。(以下の手順書作成は入力フォームで行います)
メニュー〈一括〉→〈訂正〉
〈項目〉から「貸出」を選びます。
〈訂正する〉にチェックをつけます。訂正する値として ○ を入力します。
〈確認しない〉のラジオボタンをオンにします。
つづいて〈項目〉から「臨時書籍コード」を選びます。
〈訂正する〉にチェックをつけます。訂正する値には何も入力しません。
〈確認しない〉のラジオボタンをオンにします。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として 貸出に○記入 と入力して〈登録〉ボタンをクリックします。
〈キャンセル〉ボタンをクリックして訂正ダイアログを閉じます。

「貸出」ボタンのコマンド設定
「図書貸出」ファイルを「(カード)マーク」フォームで開きます。
〈レイアウトモード〉にします。
「貸出」ボタンを右クリックして〈コマンド〉を選びます。
フォームを複製したのでボタンにもコマンド設定がすでに入っていますがすべて削除します。
一行目のコマンド設定は以下のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「生徒名簿」を選びます。
〈フォーム〉は(一覧表)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
2行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈検索〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈マーク検索〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
3行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈一括訂正〉を選びます。
〈手順書〉から「貸出に○記入」を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
4行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「図書貸出」を選びます。
〈フォーム〉は(カード)マークを選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
5行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈一括転記〉を選びます。
〈手順書〉から「生徒名簿へ書籍コード転記」を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
6行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「生徒名簿」を選びます。
〈フォーム〉は(一覧表)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
7行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈ファイル〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈書き出しデータベース追加〉を選びます。
〈手順書〉から「図書貸出へ生徒データ」を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
8行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈一括訂正〉を選びます。
〈手順書〉から「貸出臨時書籍コードクリア」を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
※コピーしたため〈ラベル〉に終了と言う語句が残りますので削除してください。
9行目のコマンド設定。
〈カテゴリ〉から〈検索〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈検索解除〉を選びます。
最後に〈OK〉ボタンをクリックします。