目次へ   図書管理  P.40

マーク検索で貸出・返却業務

マーク⇔サブフォーム切替ボタン


サブフォーム検索画面への切替ボタン作成
「図書貸出」ファイルを開きます。
(カード)マークフォームを開きます。(メニュー〈デザイン〉→〈フォーム〉→(カード)マーク)
〈レイアウトモード〉にします。(最大画面で編集しましょう)
メニュー〈編集〉→〈追加〉→〈ボタン〉
〈タイトル〉として 切替 と入力します。
〈フォント〉タブをクリックしてボタンの文字の大きさ形色を決めます。
(ここでは[HGゴシックE][エクストラボールド][16pt][灰色]を選んでいます)
〈パターン〉タブをクリックしてボタンの形態や色を決めます。
(ここでは[凹型][ピンク]を選んでいます)
設定を終了したら〈OK〉ボタンをクリックします。
画面の左上に作成されたボタンが表示されますので、
適当な場所に移動し、ボタンの大きさを調整します。
ボタンを右クリックしてコマンドを選びます。
1行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「生徒名簿」を選びます。
〈フォーム〉は(一覧表)です。
〈次行〉ボタンをクリックします。
2行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈一括訂正〉を選びます。
〈手順書〉は「貸出臨時書籍コードクリア」を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
3行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈検索〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈検索解除〉を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
4・5行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選び、〈次行〉ボタンをクリックします。
もう一度同じ設定をします。(つまり〈フォームを閉じる〉が2行できます)
※どうして2行設定するかといいますと、「生徒名簿」とともに「図書貸出」(カード)マークフォームも閉じるためです。
6行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉~〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「図書貸出」〈フォーム〉(カード)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
7行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈検索〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈ダイアログ検索〉を選びます。
〈手順書〉は「ダミー検索〉を選びます。(はじめから出ているかもしれません)
これで最後です。〈OK〉ボタンをクリックします。
〈入力モード〉に切り替えボタンをクリックしてみましょう。

マーク検索画面への切替ボタン作成
「図書貸出」ファイルを開きます。
そのまま開くと(カード)フォーム=サブフォーム検索画面になっていると思います。
〈レイアウトモード〉にします。(最大画面で編集しましょう)
メニュー〈編集〉→〈追加〉→〈ボタン〉
〈タイトル〉として 切替 と入力します。
〈フォント〉タブをクリックしてボタンの文字の大きさ形色を決めます。
(ここでは[HGゴシックE][エクストラボールド][16pt][灰色]を選んでいます)
〈パターン〉タブをクリックしてボタンの形態や色を決めます。
(ここでは[凹型][カーキ色]を選んでいます)
設定を終了したら〈OK〉ボタンをクリックします。
画面の左上に作成されたボタンが表示されますので、
適当な場所に移動し、ボタンの大きさを調整します。
ボタンを右クリックしてコマンドを選びます。
1行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
2行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選びます。
〈コマンド一覧〉~〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックしてデータベース「図書貸出」〈フォーム〉(カード)マークを選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
3行目の〈コマンド設定〉は次のとおりです。
〈カテゴリ〉から〈検索〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈ダイアログ検索〉を選びます。
〈手順書〉は「ダミー検索〉を選びます。(はじめから出ているかもしれません)
〈OK〉ボタンをクリックします。
〈入力モード〉に切り替えボタンをクリックしてみましょう。