目次へ   図書管理  P.41

貸出・返却業務

いろいろな修正


「図書貸出」の「貸出」ボタンのちらつきを直す(サブフォーム検索の場合)
「図書貸出」(カード)フォーム=サブフォーム検索で生徒データを書き込むために「貸出」ボタンをクリックすると瞬間ですが「生徒名簿」(一覧表)フォームが表示されます。この画面のちらつきを軽くするために(一覧表極小)フォームを作りましょう。そして、コマンド設定でこちらのフォームを指定します。
作り方の参照:P.25<修正>「図書原簿」一覧表の表示を隠す をご覧ください。

「図書貸出」ファイルを(カード)フォームで開きます。(規定値)
〈レイアウトモード〉にして〈貸出〉ボタンを右クリック。
3行目のコマンド設定を選び、
〈フォーム〉を(一覧表極小)を選び、〈OK〉ボタンをクリックします。
※この設定を直す前に「生徒名簿」の(一覧表極小)フォームを作成しておく必要があります。


「図書貸出」(カード)マークのフォームの「一覧表」ボタンの作成

「図書貸出」ファイルを開きます。
(カード)フォームを〈レイアウトモード〉で開きます。
「一覧表」ボタン、「選択」ボタンの二つを選択し、(shiftキーを押しながらクリックすると複数のオブジェクトを選ぶことができます)
選択範囲の中で右クリックします。コピーを選びます。
メニュー〈デザイン〉→〈フォーム〉
(カード)マークフォームを開きます。
〈レイアウトモード〉にします。
すでにある「一覧表」ボタンは削除します。
コピーボタンを押すと「一覧表」「選択」ボタンが画面左上に現れます。
この二つのボタンを元の「一覧表」ボタンのところに移動します。
「選択」ボタンを右クリックして〈コマンド〉を選びます。
〈コマンド設定〉の最後の行〈カレントフォームの指定〉を選び、
〈フォーム〉から (カード)マーク を選びます。
最後に〈OK〉ボタンをクリックします。


図書貸出ファイルから貸出一覧への書出し設定変更
「図書貸出」から書き出す際に、〈検索解除〉をしておかないと訂正・追加されたすべての貸出データが「貸出一覧」に書き出されないことに気がつきました。(カード)フォームと(カード)マークフォームの両方の「終了」ボタンのコマンドに〈検索解除〉を追加します。

「図書貸出」ファイルを開きます。
まずは(カード)フォームの「終了」ボタンの修正をします。
〈レイアウトモード〉に切り替えます。
「終了」ボタンで右クリックし、〈コマンド〉を選びます。
〈コマンド設定〉の1行目〈書き出しデータベース追加〉を選び、
〈挿入〉ボタンをクリックします。


〈カテゴリ〉から〈検索〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈検索解除〉を選び、〈OK〉ボタンをクリックします。


つづいて、 「図書貸出」ファイルを(カード)マークフォームで開きます。
〈レイアウトモード〉に切り替えます。
「終了」ボタンで右クリックし、〈コマンド〉を選びます。
〈コマンド設定〉の1行目〈書き出しデータベース追加〉を選び、
〈挿入〉ボタンをクリックします。


〈カテゴリ〉から〈検索〉を選び、
〈コマンド一覧〉から〈検索解除〉を選び、〈OK〉ボタンをクリックします。

マーク検索で「貸出」ボタンを数回押すと全生徒のデータが書き出されるという不具合
の修正コマンド設定
「図書貸出」ファイルを(カード)マークフォームで開きます。
「貸出」ボタンで右クリックしてコマンドを選びます。
〈コマンド設定〉3行目に新しくコマンドを追加します。
修正前の〈コマンド設定〉3行目〈一括訂正〉にカーソルを合わせ〈挿入〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈条件分岐〉を選び、〈コマンド一覧〉から〈条件分岐〉を選びます。
〈検索件数〉のラジオボタンがオンになっていることを確認して
▼(リストボタン)から  を選び、〈値〉を  とします。
(値)の5は一度に選べる生徒データ数です。同じ図書が5冊以上ある場合は(値)をもっと増やしてください。
〈成立時のジャンプ先〉として 中止 と入力します。
「貸出」ボタンを数回クリックするとマーク検索のコマンドがすべての生徒を選んでしまいます。そこで、すべての生徒が選ばれた場合、コマンドを飛ばして終了するように設定しました。すべてのカードが選ばれた場合の〈値〉を決めるのは難しい(できるのだろうか)のでとりあえず5件以上の検索値を得た場合にラベル名「中止」にジャンプするように設定しました。
〈コマンド設定〉の最後からひとつ前〈検索解除〉にカーソルを合わせ、
〈ラベル〉名として 中止 と入力します。
最後に〈OK〉ボタンをクリックして終わります。