目次へ   図書管理  P.42

貸出・返却業務

図書カード(図書貸出ファイル)の表組に「生徒名簿」から書き込むとき
1行目が空白になる問題
その理由は、新規カードが表示されると表組欄に自動的に1行目ができてしまい、生徒データを新規追加するとその1行目はすでに入っているものとPCが判断してしまうためです。
2行目から追加されるということになるのです。


これを解決するために、新規図書カードに書き込む場合、「表組行番号」を手がかりに書き込むことにします。
「図書貸出」の「表NO」項目が 1 のところ(これは表組の1行目)に強制的に生徒データを書き込むわけです。
以下その修正手順書です。
「生徒名簿」に「表NO」項目追加
「生徒名簿」ファイルを開きます。
メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈項目〉
「表NO」項目を追加します。自動的に〈種類〉は〈数値〉になります。
項目「表NO」に連番を付ける手順書
「生徒名簿」ファイルを開きます。
メニュー〈一括〉→〈番号記入〉
〈記入項目〉から「表NO」を選び
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 表NO連番 と入力します。
〈登録〉ボタンをクリックして〈キャンセル〉ボタンをクリック、ダイアログを閉じます。
書き出しデータベース追加に新しい手順書を作る
「生徒名簿」ファイルを開きます。
メニュー〈ファイル〉→〈書き出し〉→〈データベース追加〉
〈手順書〉ボタンをクリックして「図書貸出へ生徒データ」を選び、〈読み込み〉ボタンをクリックします。
〈書出内容〉から「生徒番号―生徒番号」を選び〈挿入〉ボタンをクリックします。
〈記入項目〉から「表NO」を「書出項目」からも「表NO」を選び〈割り当て〉ボタンをクリックします。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 図書貸出へ生徒データ新規 と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。その後〈キャンセル〉ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。
「図書貸出」ファイルの表組にデータの無いカードを検索する手順書
※先の手順書では〈検索項目〉として「表NO」を設定しましたが、表組に1行だけデータがある場合、データなしと区別できないので「貸出日」にデータがあるかないかで検索することに変更しました。
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈検索〉→〈ダイアログ検索〉
〈検索の種類〉は〈絞り込み〉にします。
〈検索項目〉として「貸出日」項目を選びます。
〈検索語による指定〉として 2 を入力します。〈先頭が〉を指定し〈一致〉を選びます。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 表NO−2 と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。

新規図書カードを再び検索するための手順書
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈検索〉→〈ダイアログ検索〉
〈検索の種類〉は〈検索〉です。
〈検索項目〉として「貸出」項目を選びます。
〈検索語による指定〉として × を入力します。(〈完全に〉と〈一致〉も)
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として ×カード と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。

図書貸出の「貸出」項目の値を×にする手順書
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈一括〉→〈一括訂正〉
〈訂正項目〉から「貸出」を選び、〈訂正する〉にチェックをつけます。
訂正する内容として × を入力します。
〈確認しない〉のラジオボタンをオンにします。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 貸出× と入力して〈登録〉ボタンをクリックします。

図書貸出の「貸出」項目の値を○にもどす手順書
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈一括〉→〈一括訂正〉
〈訂正項目〉から「貸出」を選び、〈訂正する〉にチェックをつけます。
訂正する内容として  を入力します。
〈確認しない〉のラジオボタンをオンにします。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 貸出○ と入力して〈登録〉ボタンをクリックします。

複数の生徒データを「図書貸出」の表組欄の一行目から書き出すためのデータを作る手順書
「生徒名簿」ファイルを開きます。
メニュー〈一括〉→〈番号記入〉
〈記入項目〉として「表NO」項目を選びます。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 表NO連番 と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。