目次へ   図書管理  P.46

集計ATC

貸出一覧ファイルに検索手順書を作成する

〈一覧表〉をデフォルトに設定
最初に「貸出一覧」ファイルを開くとき〈一覧表〉で開くように設定しておくと便利でしょう。
(すでになっていましたらここはとばしてください)

〈一覧表〉表示をデフォルトにする方法は次のとおり。

「貸出一覧」ファイルを開きます。
メニュー〈デザイン〉→〈フォーム〉で
〈一覧表〉を選び〈デフォルト〉ボタンをクリック
そのあと、〈終了〉か〈開く〉


集計ATCの設計概要

貸出状況を集計します。その前に集計するデータの範囲を決めるために検索を実行します。
検索に用いる項目は「貸出日」「ジャンル」「クラス」「生徒氏名」の四つとします。
それを組み合わせて検索できるようにします。(検索/追加/取り除き)

データの検索手順
 @集計ボタンを押すと該当データなし状態で開きます。
 A「貸出月」で追加・取り除きを行います。
 B「クラス」で追加・取り除きを行います。
 C「ジャンル」で追加・取り除きを行います。
 D「生徒氏名」で追加・取り除きを行います。

集計内容は
 @ある期間の「クラスごとの貸出数」をジャンルごとに表示します。
 Aある期間の「生徒ごとの貸出数」をジャンルごとに表示します。
 Bその他の集計については@・Aの設定の仕方を参考に必要に応じて作成します。

検索手順書の設定

全カードの検索手順書

〈検索の種類〉は 検索
〈検索項目〉は 貸出日
〈検索後による指定〉は 2 〈先頭が〉 〈一致〉
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 全カード検索 と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。
※「貸出日」項目の先頭が 2 ということは例えば2001-11-25の場合、西暦の始めの2を検索しています。つまり貸出履歴のあるカードを全部検索すると言うことです。
全カードなしの検索手順書
〈検索の種類〉は 検索
〈検索項目〉は 貸出日
〈検索後による指定〉は 2 〈先頭が〉 〈不一致〉
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として 全カードなし と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。
※「貸出日」項目の先頭が 2 でないということは貸出履歴のあるカードは検索しないと言うことです。
貸出月の検索手順書
<1月〜12月の追加検索手順書>
〈検索の種類〉は 追加
〈検索項目〉は 貸出日
〈検索後による指定〉は -01- 〈一部分が〉 〈一致〉
手順書に「1月追加」という名前で登録します。


上記の手順で1月から12月までの追加検索手順書を作成します。
〈検索語による指定〉はそれぞれ -02- -03- -04- -05- -06- -07-
-08- -09- -10- -11- -12- となります。
<1月〜12月の取り除き検索手順書>
〈検索の種類〉は 取り除き
〈検索項目〉は 貸出日
〈検索後による指定〉は -01- 〈一部分が〉 〈一致〉
手順書に「1月取り除き」という名前で登録します。


上記の手順で1月から12月までの取り除き検索手順書を作成します。
〈検索語による指定〉はそれぞれ -02- -03- -04- -05- -06- -07-
-08- -09- -10- -11- -12- となります。
ジャンルの検索手順書
<ジャンルの追加検索手順書>
〈検索の種類〉は 追加
〈検索項目〉は ジャンル
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として ジャンルの追加(F2キーでジャンル選択) と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として ジャンル追加 と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
<ジャンルの取り除き検索手順書>
〈検索の種類〉は 取り除き
〈検索項目〉は ジャンル
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として ジャンルの取り除き(F2キーでジャンル選択) と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として ジャンル取り除き と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
クラスの検索手順書
<クラスの追加検索手順書>
〈検索の種類〉は 追加
〈検索項目〉は ジャンル
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として クラスの追加 と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として クラス追加 と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
<クラスの取り除き検索手順書>
〈検索の種類〉は 取り除き
〈検索項目〉は ジャンル
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として クラスの取り除き と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として クラス取り除き と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
生徒氏名の検索手順書
<生徒氏名の追加検索手順書>
〈検索の種類〉は 追加
〈検索項目〉は 借りた人
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として 借りた人の追加 と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として 借りた人追加 と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
<生徒氏名の取り除き検索手順書>
〈検索の種類〉は 取り除き
〈検索項目〉は 借りた人
〈実行時指定〉にチェックを入れます。
〈実行時タイトル〉として 借りた人の取り除き と入力します。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として 借りた人取り除き と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
登録が終わったら、〈ダイアログ検索〉ウィンドウを閉じます。
「貸出日」昇順のソート手順書
メニュー〈検索〉→〈ソート〉
〈項目〉から「貸出日」を選び、〈ソート順〉から〈昇順〉を選びます。


手順書に「貸出日昇順」という名前で登録します。
「書籍コード」昇順のソート手順書
メニュー〈検索〉→〈ソート〉
〈項目〉から「書籍コード」を選び、〈ソート順〉から〈昇順〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
つづいて〈項目〉から〈書出ID〉を選び、〈ソート順〉から〈昇順〉を選びます。
〈手順書〉ボタンをクリックします。
※「図書貸出カード」に記載されたとおりに表示するために「書籍コード」順に並べたあとに同じ書籍コードのものはカードの表組に記載されたとおりに並べます。
〈手順書名〉に「書籍コード」昇順という名前で登録します。