目次へ   図書管理  P.5

入力時に便利な機能<セレクト>
『生徒名簿』の「クラス」や「コース」など入力内容が数種類で決まっているものは<セレクト>設定にしておくと入力が簡単で、検索のときにも検索漏れがなくて便利ですね。
例えば、「クラス」の場合は
メニュー<デザイン>→<DB設計>→<セレクト>
最初は白紙画面ですが<新規セレクト>ボタンをクリックすると、<設定項目>欄に設定可能な項目が表示されます。ここでは「クラス」を選びました。
<選択肢>に適当な識別文字(数字)を入れます。<入力データ>に実際に入力されるデータを入れます。
<次行>ボタンをクリックして次の<選択肢>の設定を行います。設定が終了したら<OK>ボタンをクリックします。


<選択肢>に識別用文字(AAAAの場合A)を選んだ場合の例は次のとおり、入力されるのはAAAAです。


『図書原簿』では「出版社」や「本棚番号」、「種類」「色」などの項目もセレクト設定にすると便利かと思います。ただし、「出版社」の場合は、よく使う出版社名をセレクトに設定してそれ以外のデータでも受け付けるように、セレクト設定画面で<選択肢以外のデータの入力を許可>にチェックをつけるとよいでしょう。

CTRL+N

CTRL+Nで新規カード入力になりますが、
カーソルが表組みにある時は、表組み内で行追加になります。
それで、CTRL+Nを使って新規入力するには次のようにすればよろしいかと思います。

1案 目的のカードが表示されたら、TABキーを押して表組みにカーソルを移動
   ここでCTRL+Nを押します。
   (入力順をカード本体では「書籍コード」のみにすると、2回のTABで
   表組みの最初の項目に移動します。表組みの最初の入力順に「生徒番号」を指定しておくといいかも)

2案 カード本体の入力順を指定しないフォームを作りますと、1回のTABで
   表組み項目にカーソルが移動します。
   1案、2案ともTABのあとにCTRL+Nを実行する事に変わりありませんが。

3案 少し凝った使い方。(これもTABを使うことに変わりありませんが)
   検索メニューで「検索結果を連結」しておき(ATCで設定可)
   カードフォームと一覧表フォームの両方を開きます。
   一覧表フォームに検索結果が表示されたら、一覧表フォームから
   目的のカードを選びCTRL+TABを押します。
   編集フォームが「カードフォーム」に移動(ウィンドウの上辺が青くなる)
   そこで、TAB→CTRL+N で、表組み追加行項目に移動します。


ちょっとこれしか思いつきませんでした。