目次へ   図書管理  P.50

集計手順書の作成A

生徒ごとの貸出数

集計作業を行うために「貸出一覧」ファイルの「借りた人」項目にインデックスを設定します。
「貸出一覧」ファイルを開きます。
メニュー〈デザイン〉→〈DB設計〉→〈インデックス〉
「借りた人」列でスペースキーを押し、○印をつけます。〈OK〉ボタンをクリックして終了します。
以下のようなメッセージが表示されますから、〈OK〉ボタンをクリックします。
「貸出一覧」ファイルを開きます。
メニュー〈一括〉→〈分類表〉→〈クロス分類〉
「手順書」ボタンをクリックして「クラスごとの図書貸出数」を選び「読み込み」ボタンをクリックします。
〈表タイトル〉を 生徒ごとの図書貸出数 に書き換えます。
〈分類値(X)〉ボタンをクリックします。
〈インデックス仕様〉の下の▼リストボタンをクリックして、「借りた人」を選び〈OK〉ボタンをクリックします。
〈手順書名〉として 生徒ごとの図書貸出数 と入力して〈登録〉ボタンをクリックします。
試しに〈実行〉ボタンを押してみると以下のような集計が表示されます。

この他に、左辺に生徒名がくる集計手順所も設定しましょう。
メニュー〈一括〉→〈分類表〉→〈クロス分類〉
「手順書」ボタンをクリックして「生徒ごとの図書貸出数」を選び「読み込み」ボタンをクリックします。
〈分類値(Y)〉ボタンをクリックして〈インデックス使用〉の下にある▼リストボタンをクリックして「借りた人」を選び〈OK〉ボタンをクリックします。
〈分類値(X)〉ボタンをクリックして〈インデックス使用〉の下にある▼リストボタンをクリックして「ジャンル」を選び〈OK〉ボタンをクリックします。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉 生徒ごとの図書貸出数2 と入力し〈登録〉ボタンをクリックします。
〈実行〉ボタンを押して試しに集計結果を表示させて見ます。