目次へ   図書管理  P.52

貸出一覧集計集計用ファイル

「貸出一覧」ファイルから集計に用いるデータだけを絞込みをして集計結果を表示させると、以下のように絞り込まれていない部分も行・列に表示されます。
下の場合は、「池田三津樹」で絞り込みましたが、すべての生徒名が表示されてしまいます。

これは、分類に用いる項目をインデックスから参照しているためです。
全データを対象にインデックスを作っているためこのままではどうしても不要な項目値も入ってしまいます。

検索対象外のデータを表示させないために、集計用の絞り込まれたデータだけで構成されるファイルを集計時に臨時に作成し、このファイルから集計をとるようにします。
「貸出一覧集計用」ファイルを作成する手順書
「貸出一覧」ファイルを開きます。
メニュー〈ファイル〉→〈書き出し〉→〈データベース作成〉
〈データベース名〉として 貸出一覧集計用 と入力します。
〈書出対象〉のチェックは全部付けたままにします。
〈手順書〉ボタンをクリックして、〈手順書名〉として 貸出一覧集計用 と入力し、〈登録〉ボタンをクリックします。
〈キャンセル〉ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。