目次へ   図書管理  P.56

メンテナンス


データをハードディスクにバックアップする手順書

「生徒名簿」「図書原簿」「図書貸出」「貸出一覧」「クラス記憶」の五つのファイルをC:\Program Files\TheCARD8のフォルダにバックアップします。ここから直接「図書管理」プログラムを実行することはできません。なぜなら、全てのマクロ(ATC)がC:\Program Files\TheCARD8\図書管理で動作するように設定されているためです。バックアップファイルを使用する場合はこの五つのファイルをC:\Program Files\TheCARD8\図書管理にコピーします。(もともとC:\Program Files\TheCARD8\図書管理に入っていたファイルが上書きされますのでご注意ください)
1.「生徒名簿」ファイルのバックアップ手順書作成
「生徒名簿」ファイルを開きます。
メニュー〈書き出し〉→〈データベース作成〉
〈書出データベース/フォルダ〉は C:\Program Files\TheCARD8 とします。(他のフォルダでもいいです)
〈データベース名〉は 生徒名簿 とします。
〈書出対象〉のチェックは全てついたままです。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として バックアップ と入力します。
最後に〈登録〉ボタンをクリックして〈キャンセル〉ボタンをクリックして終了します。
2.「図書原簿」ファイルのバックアップ手順書作成
「図書原簿」ファイルを開きます。
メニュー〈書き出し〉→〈データベース作成〉
〈書出データベース/フォルダ〉は C:\Program Files\TheCARD8 とします。(他のフォルダでもいいです)
〈データベース名〉は 図書原簿 とします。
〈書出対象〉のチェックは全てついたままです。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として バックアップ と入力します。
最後に〈登録〉ボタンをクリックして〈キャンセル〉ボタンをクリックして終了します。
3.「図書貸出」ファイルのバックアップ手順書作成
「図書貸出」ファイルを開きます。
メニュー〈書き出し〉→〈データベース作成〉
〈書出データベース/フォルダ〉は C:\Program Files\TheCARD8 とします。(他のフォルダでもいいです)
〈データベース名〉は 図書貸出 とします。
〈書出対象〉のチェックは全てついたままです。
〈手順書〉ボタンをクリックして〈手順書名〉として バックアップ と入力します。
最後に〈登録〉ボタンをクリックして〈キャンセル〉ボタンをクリックして終了します。