目次へ   図書管理  P.67

メンテナンス

ハードディスクからのリストアボタン作成
リストアボタンのレイアウト
リストアボタン領域を広げてバックアップ領域から上の部分を複写します。
「ハードディスクへ」ボタンのタイトルを「ハードディスクから」に変更します。
「フロッピーディスクへ」テキストも「フロッピーディスクから」に変更します。
その下に「生徒名簿」「図書原簿」「図書貸出」のボタン背景を設定します。
「生徒名簿」背景のうえに「クリア」「リストア」ボタンを作成します。
デザインはあくまでも好みの問題ですからご自由にレイアウトしてください。
「ハードディスクから」ボタンのコマンド設定

最初にフロッピーディスクのファイルをアクセスするコマンドを設定します。
これはこのボタンを押すことが現状のデータを書き換えることになるので、
間違ってボタンを押してしまった場合、現状のデータを保護するためです。
ドライブに指定されたフロッピーディスクが入っていない場合はエラー処理によって処理を中止します。
指定されたフロッピーディスクが入っている場合に限り、ハードディスク内にバックアップされたデータを
リストアします。(フロッピーディスクはリストア処理のためのカギの役目をしているだけです)

〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
「図書原簿」ファイルの入ったフロッピーディスクをドライブに挿入して〈参照〉ボタンをクリックします。
〈データベース〉としてフロッピーディスクドライブから「図書原簿」を選びます。
〈フォーム〉は(カード)を選びます。(実際に読み取るわけではないのでどのフォームでもいいです)
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈条件分岐〉を選び〈コマンド一覧〉からも〈条件分岐〉を選びます。
〈エラー〉のラジオボタンをオンにします。
〈エラー時のジャンプ先〉として 中止 と入力します。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックして〈データベース〉「生徒名簿」を選び〈フォーム〉は(一覧表)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選び〈コマンド一覧〉から〈一括削除〉を選びます。
〈手順書〉「全削除」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈ファイル〉を選び〈コマンド一覧〉から〈読み込みデータベース〉を選びます。
〈手順書〉「ハードから読み込み」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックして〈データベース〉「図書原簿」を選び〈フォーム〉は(一覧表)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選び〈コマンド一覧〉から〈一括削除〉を選びます。
〈手順書〉「全削除」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈ファイル〉を選び〈コマンド一覧〉から〈読み込みデータベース〉を選びます。
〈手順書〉「ハードから読み込み」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックして〈データベース〉「図書貸出」を選び〈フォーム〉は(一覧表)を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈一括〉を選び〈コマンド一覧〉から〈一括削除〉を選びます。
〈手順書〉「全削除」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈ファイル〉を選び〈コマンド一覧〉から〈読み込みデータベース〉を選びます。
〈手順書〉「ハードから読み込み」を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈フォームを閉じる〉を選びます。
〈次行〉ボタンをクリックします。
〈カテゴリ〉から〈フォーム〉を選び〈コマンド一覧〉から〈カレントフォームの指定〉を選びます。
〈参照〉ボタンをクリックして〈データベース〉「メンテナンス」を選び〈フォーム〉は(カード)を選びます。
〈ラベル〉として 中止 と入力します。
〈OK〉ボタンをクリックして終了します。